QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
福岡ツイッター研究所

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2010年01月31日

福岡のバスを使ったゲーム #ftkj @ele_jun

こんばんは、ゲーム担当(笑)の@ele_junです。

以下は先日、広島電鉄を使ったゲームの話に触発されて思いつき、Twitterでつぶやいた西鉄バスを使ったゲームです。
30分程度で思いついた内容なのでまだ未完成な部分も多いですが、地域活性と絡ませやすいかなと思うので、ここにまとめておきます。

1.スタート地点に各チームが集合し、チームごとに目的地カードを5枚ランダムに引く。

2.目的地は明示されていなくて、ヒントとなるものがカードに書かれているので推理する。
(場合によってはインターネットなどで調べる)

3.推理した各目的地をバスでどの順番で回ると効果的かを考える。
(目的地はすべて西鉄バスの1日フリー券の範囲)

4.行動ポイントが時間ごとに貯まっていく(最初にも一定数ある)。
ポイントはバス移動中のバス停ごとに1つ減る。同じ目的地でも、よりバス停の少ない路線や快速などに乗れればバス停が少ないので同じ距離の移動でもポイントの消費が少なくて有利。

5.もし、ポイントがマイナスになる移動をした場合は一定時間ポイントがもらえないペナルティ。
また、マイナス状態で新しいバスに乗ることは禁止。

6.目的地についたら、カードに指示されている場所を探し、証拠写真を撮ってメールで審判に送る。
写真の判定がokだったら次の目的地に。

7.すべての目的地を回ってスタート地点に最初に戻ってきたチームの勝ち


※目的地カードはチームごとに違うのではなく、まったく同じ方がいいのかも。先に解いたチームの情報が他のチームに伝わって接戦になりやすいので。

このゲームの特長は、ゲーム感覚で決められた地域内の場所を、自分たちで情報を調べたり推理しながら回るので、その場所についての造詣や愛着が深まるという点です。
もし、目的の場所を観光スポットにすると福岡の観光地をアピールできますし、お店を目的地にすれば店の宣伝にもできる可能性があります。

一度に開催できる規模とか、公正な審判の問題とか、課題はいろいろありそうですが、とりあえずたたき台ということで。
Twitterもどこに絡ませるか明確じゃないですが、各チームの実況とかヒントの公開には便利そうです。  


Posted by 福岡ツイッター研究所 at 23:17Comments(4)ゲーム